ウェイクボードの始め方

ウェイクボードは新しいマリンスポーツとして人気を集めています。水上スキーと似ていますが、スノーボードのような多彩な技を楽しめます。

サイトトップ > ロッカーとビンディング

スポンサードリンク

ウェイクボードの始め方

ロッカーとビンディング


ボードの性格を表すものとして、ロッカーも重要な要素となります。このロッカーとはボードの反り具合のことを意味します。基本的には、ロッカーが強いボードはその分水の抵抗も大きくなります。そのため、スピードはありませんが、ボートの引き波に当たった時には大きく反発するので高いジャンプ力が得られます。ただし、エッジコントロールは難しくなります。


反対にロッカーが少ない場合は、加速性に優れた速いボードとなります。着地の時も安定しますが、その衝撃は大きくなります。


また、実際にウェイクボードをする時には、ボードに足を固定する必要があります。このボードに足を固定させるものをビンディングといいます。このビンディングには大体2種類のものがあり、サンダルタイプとブーツタイプに分かれます。初心者の間はサンダルタイプの方が良いと思います。サンダルタイプは楽に履くことができ、足のサイズもそれほど気にせずに調節がききます。そのため、同じボードを友人達と共用することも可能です。


一方、ブーツタイプはしっかりと足を固定するものであり、履く時に若干のコツを要します。ウェイクボード上級者で、ハードな動きをしたり、エアーなどの技をする時にはブーツタイプでなければ危険です。ブーツタイプには、ゴムだけでできているものや、紐やワイヤーなどで締め付けるものがあります。


ウェイクボードの始め方

MENU



スポンサードリンク